多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説

必要書類は全部で7つ

模型と紙幣

契約書の保管場所に注意

マイホームを購入すると、最初の1年目だけ確定申告が必要です。確定申告をすることで、住宅ローン控除が適用されます。年末の住宅ローン残高の1%が、所得税から控除されるのが住宅ローン控除。控除期間は10年間となっており、家計を大きく助けてくれます。しかし、サラリーマンの方は、これまで1度も確定申告をしたことがない方が多いはず。まずは必要書類を確認し、住宅ローン控除の恩恵を受ける準備を始めましょう。住宅ローン控除の確定申告には、7つの書類を税務署に提出します。この7つのうち確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書は、税務署で手に入ります。分かりやすく説明された手引きが付いているため、記入内容に迷うことはありません。住宅ローン控除は、取得した住宅に居住していることが要件の1つです。この要件を証明するために、市町村役場で取得できる住民票を添付しなければなりません。また、控除額を決定するために、住宅ローンの残高が分かる残高証明書を金融機関で取得する必要があります。さらに取得した住宅を証明するために、法務局で土地と建物の登記事項証明書を取得します。現在は全ての法務局がオンラインでつながっているため、管轄に関わらず登記事項証明書は取得できます。その他、マイホームを取得した際の売買契約書または請負契約書、住宅ローン債務者の源泉徴収票が必要です。引っ越しをした際に、契約書の保管場所を忘れる方が多くいらっしゃいます。どこに保管したのか予め確認することで、時間に余裕を持って確定申告を行えます。

Copyright© 2018 多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説 All Rights Reserved.