多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説

中小企業での資金調達

電卓と硬貨

ローンを組むという選択肢

中小企業の経営者にとって、毎月の運転資金のやりくりは、大きな経営上の課題になっており、その対策をよく考えておく必要があります。特に資金調達については、どういったルートから資金を調達するのか考える必要があるのですが、ここではローンを組む方法について、説明します。事業者ローンと呼ばれることも多いのですが、一般的にローンは個人相手にお金を貸し出すものですが、これを事業者向けに特化した形でお金を貸し出す仕組みです。資金調達は主に取引銀行を中心として行うことが、よく行われるのですが、事業者ローンはノンバンク系の金融機関が提供するという特徴があります。ノンバンク系がローンを組んでくれるので、銀行ほど審査に時間がかかることもなく、独自の統計学的なデータに基づき、限度額を設定する形になります。事業者ローンは大きく2つに分かれているのですが、これは担保や保証人が必要か必要でないかという基準で分かれています。担保や保証人が必要な事業者ローンの場合、限度額も大きく金利も低いことが多いので、設備投資などに適していると言えます。これに対して無担保の事業者ローンでは、限度額が低く金利も高いことがほとんどなので、返済の見込みがある場合に利用すると良いのです。なお個人向けのローンであれば、総量規制という年収の3分の1しか借りれないという制限がありますが、事業者ローンでは、該当しないこともその特徴です。このように事業者ローンは会社を経営する方にとって、新しい資金調達の方法として認識されており、取り扱うノンバンクも多いのです。

Copyright© 2018 多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説 All Rights Reserved.