多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説

模型と紙幣

必要書類は全部で7つ

7つの書類を提出する必要があるのが、住宅ローン控除を受けるための確定申告です。税務署や市町村役場、金融機関、法務局で各書類を取得し、確定申告に備えましょう。少し手間はかかりますが、確定申告をすることで家計が大きく助かります。

模型とお金

審査スピードが早い

不動産担保は基本的に資金使途自由で使うことができます。事業者向けの不動産担保商品もあるので、大口の借り入れで仕入れや設備投資など事業資金として使うことができます。低金利なため総返済額を少なくできるメリットもあります。

電卓と硬貨

中小企業での資金調達

中小企業を経営する方にとって、毎月の資金調達は大きな経営課題になっていますが、事業者ローンという資金調達方法があります。銀行からの融資に比べ、短時間での審査が一番の特徴で、担保が必要かどうでないかによって、限度額も変わってくるのです。

クレジットカード

クレカ引落し間に合わない

クレジットカードの引落が明日だが、口座に残高が少なく引き落としができない、そういった時には消費者金融のカードローンです。即日で融資をすることも可能で、融資金額を直接銀行口座に振り込みをしてくれるのです。

硬貨と電卓

借入金が節税に繋がる

住宅ローン控除は、年末のローン残高に応じた控除額を税金から差し引く事ができます。適用には控除額の計算明細書やローン残高証明書などを添付した確定申告書の提出が必要ですが、サラリーマンは年末調整でも適用できます。なお、転勤時やローンの借り換え時には手続きや計算が異なりますので注意が必要です。

ATMで借りられるローン

クレジットカード

利用しやすさがメリット

カードローンは、まるで自分名義の預金口座を持つようにしてローンを利用できる、便利な金融商品です。消費者金融会社等に申し込んで利用が認められると、ローン用のカードが発行されます。利用者はこのカードを使ってATMやCDから資金を引き出すことができます。また、返済もATM経由で行うことができます。カードローンが便利なのは、申込時の審査によって利用限度額が設定されると、その限度額の範囲内であれば何度でも資金の出し入れができるという点にあります。つまり追加で借入れしたい場合でも、すでに借り入れている分との合計が限度額の枠内であれば、改めて審査や契約手続きを行わなくても、カードを使って自由に出金することができるのです。現在、カードローンは多くの消費者金融会社が扱っているほか、銀行の中にも取り扱っているところがあります。貸出条件や利用方法は会社ごとに異なるため、申込の際は商品説明を入念にチェックする必要があります。中でも気をつける必要があるのが、利用可能なATM等の数及び設置場所です。一般に、大手のカードローン業者ほど直営ATMの数が多く、また設置場所も広範囲にわたっています。ただし、直営ATMの数が少ない事業者の中にも、コンビニエンスストアや他の金融機関と提携することによって、多数のATMが利用可能になっているところがあります。業者を選ぶ際は、自宅や職場の近くに利用可能なATMがどれくらいあるかなど、利用しやすさに注目する必要があります。その他にもお金を借りる際は必ず返済計画を立てておくようにしましょう。すぐに返せるからと思って安易に利用してしまうと、気づけば返済に追われてしまうといったことにもなりかねないので返済計画を立てておくことはとても重要なポイントになります。

Copyright© 2018 多くの人が利用しているサービス|カードローンの魅力を徹底解説 All Rights Reserved.